ABOUT US

The centennial brand“Schott ”

100年ブランド“Schott”

ライダースジャケットの代名詞ともいえるSchottの歴史は、1913年、ニューヨークでアーヴィン・ショットとジャック・ショットの兄弟によってはじまった。
当初はレインコートをつくる工場だったが、1928年に世界で初めてフロントジッパーを採用したライダースジャケット“Perfecto”シリーズを発売。ボタン仕様しかなかった当時、画期的なジャケットとして話題となり、その後のライダース史に大きな影響を与えた。

伝説のライダース“ワンスター”

Schottの名を世界に知らしめたのが、50年代に発表された星型のスタッズをエポレットに配した伝説のモデル“ワンスター”だ。これこそが、映画『ザ・ワイルド・ワン(邦題「乱暴者」)』で、マーロン・ブランドがまとったと言われているモデルである。
その後もバイク乗りのみならず、ラモーンズやセックス・ピストルズをはじめ多くのロックミュージシャンに支持され、時代を超えた永遠の定番として今なお多くの人々を魅了する。
最近では定番モデルだけではなく、カジュアルラインも充実させるなど、常に時代に合わせて進化を遂げる革新性も忘れない。ライダースの歴史は永遠にSchottとともにある。

Clinging to the tradition of “made in America”

“Made in America”にこだわる信頼の物づくり

2005年、Schott社は長年慣れ親しんだニュージャージー州のロウアーイーストから、ニューヨークの玄関口であるニューアーク国際空港の近くにファクトリーを移した。ファクトリーでは80余名の職人がレザーに魂を注ぎ込み、裁断や縫製などのエキスパートたちが黙々と着実に、流れるようなリズムで自らのパートを全うしていく。1913年、Schottブラザースによってつくられ、稀代のファクトリーとして成長を遂げた今日に至るまで、そのリズムとスピリッツは何ひとつ変わらない。60年代にはじまった大量生産という時代の波、コンピューター化されたファクトリー、自国生産を諦めてアジアに生産地を移したいくつものアメリカブランドをみれば、まさに驚くべきことである。
ファクトリーには親子三代にわたって働いている者もいる。父から子へ、孫へ。Schottを貫くゆるぎないスピリッツは、こうした職人とスタッフたちが受け継いでいく。