Schott(R) N.Y.C.

メニュー

NEW ITEM

Schott 100th ARCHIVESリンク

全日本FMX選手権「GO BIG 2018」、X-GAMESシルバーメダリスト渡辺元樹が初の栄冠

写真提供:GO BIG 2018

※優勝賞品のSchottライダースジャケットをまとった渡辺選手

写真提供:GO BIG 2018
写真提供:GO BIG 2018

写真提供:GO BIG 2018

Schottが協賛している、2018年度、全日本FMX選手権が9月23日(日)FMX(フリースタイルモトクロス)の聖地と言われる福島県鮫川村にあるモトパーク森で開催されました。これまで5度王者に輝いている、鈴木大助やFMXのレジェンド、釘村孝太らが順調に勝ち進む中、世界大会「X-GAMES Best Whip」で2位に輝いた渡辺元樹が伸びのある大きなトリックで決勝に駒を進め、昨年王者の高橋仁を打ち破り、全日本王者に輝き、勝利者だけに与えられる栄光のSchottライダースジャケットを手にしました。
渡辺は初の全日本タイトル。佐藤英吾、鈴木大助、釘村孝太、高橋仁に次ぐ5人目のチャンピオンです。

詳しくは www.gobigfmx.com

写真提供:GO BIG 2018
写真提供:GO BIG 2018
写真提供:GO BIG 2018

写真提供:GO BIG 2018

渡辺元樹選手のコメント

若手の成長もある中で、僕自身8年かかって日本のフリースタイルで優勝できて今は安心しています。何より、このFMXの聖地で皆さんの前で勝てたことが嬉しいです。応援ありがとうございました。

写真提供:GO BIG 2018

コンラッド・リーチ展が開催されました。

12月2日(土)~12月10日(日)の間、Schott Grand Store TOKYO内ではコンラッド・リーチ展が開催されました。
12月2日(土)にはご本人も来店し、ファンの皆さまにサインをしたり、雑誌の取材に応じたりされました。

今回は、アーティスト自身も愛するモーターサイクル関連の絵を描き始めて今年で10周年を迎えたことを記念し、’TEN years gone’という展示名で、ライダースジャケットで有名でありアーティストとの関連も深いSchottの新しくオープンしたSchott Grand Storeにてモーターサイクルコレクションと、新たなシリーズである“HOLD FAST”を含めた回顧録展示イベントでしたが、ご購入される方も多く、皆さま、とても楽しんでくださいました。
コンラッド・リーチの絵は今後も引き続き、ご購入できますので、Schott Grand Store TOKYOのスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

CONRAD LEACH’s pop up exhibition at Schott Grand Store
'TEN YEARS GONE'
His artwork for motorcycle collection

Presented by Schott

Date: 12月2日(土)〜12月10日(日)
Time:11:00〜20:00
Conrad Leach 来店日時― 12月2日(土)1PM~5PMを予定

Location at Schott Grand Store Tokyo
〒150-0041 渋谷区神南1-5-4 Tel: 03-3464-1913

これまでのコンラッド・リーチの作品は、大きく分けてモーターサイクルを描いたものと、華麗なるセレブリティなどをポップアートとして昇華したアイコンズ・ポートレイトの二つに分けることができます。

今回は、アーティスト自身も愛するモーターサイクル関連の絵を描き始め今年で10周年を迎えたことを記念し、’TEN years gone’という展示名で、ライダースジャケットで有名でありアーティストとの関連も深いSchottの新しくオープンしたSchott Grand Storeにてモーターサイクルコレクションと、新たなシリーズである“HOLD FAST”を含めた回顧録展示イベントを開催いたします。
12月2日(土)はコンラッド・リーチ氏も来店しますので、ぜひご来店ください。
www.conradleach.jp/

CONRAD LEACH biography

イギリス生まれのポップアート・アーティスト、コンラッド・リーチは、愛してやまないモーターサイクルをモチーフに、数々の作品を発表してきた。尽きることのない情熱と、彼の持つ独特の感性が融合し、大胆で潔く、そして疾走感にあふれる傑作の数々が生み出される。
www.conradleach.jp/

1965年、イギリス・カンタベリ生まれのポップアート・アーティスト。コンラッドは、ファッション業界での輝かしい15年間を経て、1997年に本格的に絵画の世界に足を踏み入れることとなった。ロンドンのAPART Galleryで行われた、自身初の展示会「PLAYERS」は好評を博し、その後、ルイ・ヴィトンのメンバーズ・サロン CELUX Gallery にて5 年にわたり、招へいアーティストとなる。
2008年からは、カリフォルニアのハーフ・ムーン・ベイにて行われた伝説的なモーターサイクルレースをモチーフにしたキャンバス画を制作。自身のルーツでもあるモーターサイクルカルチャーをモチーフとした作品に精力的に取り組む。2010 年、ヴィンテージ風のカスタムモーターサイクルであるBS1をコンセプトとして掲げた展示会をロンドンのGauntlet Galleryにて開催。その後、2013年にはカリフォルニアのSubvecta Motus Gallery にて大規模な個人展を行った。